金色の丸に桜 の意味

本ブログのトップページの金色の丸に桜の意味ですが

私の所属する明倫無外流

青雲会の会章です。

なんで桜なの?って質問が想定されますが

やはり日本の花は桜でしょう

散りぬべき

時知りてこそ

世の中の

花も花なれ

人も人なれ

明智 玉さんの辞世の句

(細川ガラシャのほうが分かりやすいですかね)

上の句の解釈が気になる方は調べてみてください。

青雲会の会章の意味としては

咲くときは桜のように美しく咲き

散るときも桜のように美しく

生きたいといったところでしょうか

まだ咲いてもいない私は修行あるのみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。